三保シーサイドホテル 福田家

厳選された食材と地産地消の恵み生産者を知っている、それだけで倍おいしく感じる・・。

素材にこだわる「福田家の心得」

当館があります静岡市清水区の三保地域は温室栽培で採れるトマト、なす、ねぎ、メロン、枝豆、花など季節を通して
豊かな農業「土」があります。また、清水港に水揚げされる遠洋まぐろを筆頭に駿河湾で採れる近海魚など豊かな漁業「海」があります。
当館は「地産地消」をテーマに、地域の豊かな「土」と「海」の恵みを活かし合わせたおいしい料理を提供しています。

当館のこだわり その1

出汁

ユネスコ無形文化遺産に登録された「日本人の伝統的な食文化」和食。
その仕上がりを決める和食の基本とも言える出汁。出汁の良し悪しが料理を決めると言っても過言ではありません 。
当館では本物の出汁を提供する為、厳選された【水】【かつお節】【昆布】を使用しお客様に喜んでいただけるよう日々精進しております。

かつお節 天然水 昆布

かつお節はソフト削りと粗削りの2種類を使用しております。
ソフト削りはコクを出し、粗削りはかつお本来の香りを加え、深いコクと香りの濃い出汁に仕上げています。

鰹節専門店 加藤商店

清水で随一のかつお節削り問屋。焼津産や枕崎産の良質のかつお節を自社工場で削り、ソフト削り、粗削り、糸削りなど様々な製品に仕上げております。
併設する店舗では、自社削りのかつお節のほか、だし用昆布や干し桜えびなどの乾物も充実しており、中でも「いわし節削り」は今となっては珍しい逸品なため、清水のお土産として最適です。

加藤商店

加藤商店 ピックアップ

その1

当店ではいわしのはらわたをひとつひとつ手で取ります。そのままにすると苦味が強くなってしまいます。

その2

いわしを削った粉は静岡おでんの「だし粉」や富士宮焼きそばの魚粉に使われます。

その3

右がかび付した鰹節。
鰹節の製造工程において重要な意味を持つカビ付け。かび付けした鰹節の方が、甘味が強く、スモークの風味が濃く、蕎麦汁や出汁向き。かびていない鰹節はシンプルな味になります。

その4

鰹を乾燥させる機械は、実はお茶を乾燥させる為の機械を使用しています。しっかりと乾燥できるので鰹節の製造にも適しています。静岡ならではのアイディア!

その5

当店おすすめの鰹節3点!

【鰹節専門店 加藤商店】
http://www.maruhachi-kato.com/
営業時間:9:00~18:00
定休日:月曜日

静岡の銘水『硯水泉』(けんずいせん)を使用。
軟水でほのかな甘みがあることからかつお節、昆布と相性抜群です。

硯水泉(けんずいせん)

硯水泉とは、南アルプスの雄大な大自然が育んだ豊かなミネラルを含んだ安部川の支流の藁科(わらしな)川の伏流水を汲み上げた銘水で、様々なミネラル成分を含んでいるためほのかに甘みを感じることが出来る。炭酸ガスも適度に含まれているため、さっぱりとした爽やかな味わいが特徴です。この水には不思議な言い伝えがあり、その昔、八世紀初め頃、現在の静岡市葵区足久保の地を訪れた行基がその地に湧き出る井戸水を飲んで観音様を彫ったとの言い伝えがある。1986年(昭和61年)、突如、夢枕に観音様が現れ、その夢のお告げのまま井戸を掘ったところ、かつて観音像が彫られたと言われる場所から「硯水泉」が湧き出たという。この水で不整脈や高血糖の改善をみた採掘者が自身の近親者らに進めたことなどから口コミにより多くの人に愛されるようになった。
「硯水」とは「間水」の意もあり、転じて「間食」の意味があり、また、前述の言い伝えにより「奇跡の観音水」とも呼ばれている。

硯水泉(けんずいせん)
【硯水泉】
http://kenzuisen.jp/
営業時間:8:00~17:00

上品でありながらうま味の強い出汁に仕上がりとなる北海道産の出汁専用の昆布を使用しています。

鰹節専門店 加藤商店

昆布は全て北海道産の天然ものを仕入れています。上品な甘みをもち清澄なだしがとれます。

当館のこだわり その2

新鮮地元野菜

当館では、トマトやなすなど新鮮な地元野菜を直営農家から仕入れています。愛情こめてつくった地元野菜たち。食べてもらう人を思い浮かべながら作った商品は生産者の想いがたくさん詰まっています。その想いを福田家から皆様へお届けします。
※季節やコースによって使用する野菜が異なりますことご了承ください。

川村農園

三保地区で江戸・元禄時代から続く農家の12代目。化学肥料を一切使わず、有機発酵肥料などにより、トマトをメインに枝豆、マスクメロンなどを栽培しています。
自宅敷地内に直売所があり、トマトなどの新鮮な野菜のほか、自家製のトマトソースやトマトジャム・ジェラートなどの加工食品も販売しております。
また併設の「川村農園カフェ」では、朝採れもぎたてのトマトを使った自家製のフレッシュドリンクや軽食を堪能できる贅沢なカフェ。のどかな雰囲気で居心地も抜群!テラス席はペット同伴OKです。

川村農園

川村農園 ピックアップ

その1

トマト 高糖度でコクのある味わいの中玉
トマト アミノレッド(レッドオーレ)

<出荷時期:9月中旬~6月下旬> 中玉トマト。味が濃いのが特徴で、甘みが強くフルーティな味に加え、酸味とのバランスが良く、生でサラダやデザートとして、グラタンやピザのトッピングとして焼いても美味しいトマトです。まるでフルーツ。とても甘いミニトマト。

その1

人気のミニトマト
アイコ・イエローアイコ

<出荷時期:10月~6月下旬> ゼリーが少なく甘みが強いトマトです。アイコは皮がパリパリした食感があり、一方、イエローアイコは皮が軟らかく、ほのかに柑橘系の味がします。
サラダなどの生食はもちろん、ソースなどに仕上げても美味しく頂けます。

その2

枝豆 ビタミンBがたっぷり含まれた
中早生種 サヤムスメ

<出荷時期:通年(最盛期 4月~6月)> 大さやで実入りが良く、さやはふっくらとしていて、濃い鮮緑色をしているのが特徴。柔らかい食感を持ち、甘みを感じられる枝豆です。
特にその日に獲れた新鮮な枝豆を塩ゆでにすると、枝豆本来の甘さと風味が引き立ちます。

川村農園
http://kawamura.eshizuoka.jp/
営業時間:13:00~日没(土日祝日のみ)
カフェ:土日祝日のみ営業

折戸なす

一富士 二鷹 三茄子 のことわざの元になったのが「折戸なす」と言われています。折戸なすは三保半島折戸の在来の歴史がある品種です。明治以降、農業情勢の変化により、その栽培は途絶えておりましたが、国の研究機関で保存されていた折戸なす3の種を譲り受け、生産者と関係機関の連携のもと、試験栽培を開始し、平成17年に、地域で折戸なすの復活を果たすことができました。きめ細やかな肉質とコクのある濃厚な味わいが特徴の丸なすは希少な地元食材です。

折戸なす

産直プラザ ふれっぴー 飯田店

JAしみずサービスが運営するスーパーマーケット。地元・清水を第一に、地元に無いものは県内産を、県内に無いものは国内産を仕入れるこだわり。毎朝、採れたてもぎたての新鮮野菜や果物が並ぶ地場野菜コーナー「清水野菜村」は大変人気です。

ふれっぴー 飯田店
【産直プラザ ふれっぴー 川原店】
http://jass-g.co.jp/flepy.php
営業時間:9:30~19:00
当館のこだわり その3

新鮮地魚

マグロやタチウオ、イワシなど地元で水揚げされる魚を使用し、お客様に地元清水の海の幸を堪能していただくよう努めています。地魚刺身盛り合わせや、鍋料理としてお出ししております。

河岸の市いちば館 魚彩

毎日、その日に良質なものを店長の目利きにより仕入れており、まぐろ・鮮魚・貝類・桜えび・しらすなど様々な魚を扱っています。
水槽の中には活きの良い魚がいっぱい!また、あじ、甘鯛などの手づくり干物は絶品で、お土産にいかがでしょうか。

河岸の市いちば館 魚彩

河岸の市いちば館 魚彩
www.kashinoichi.com/ichiba/gyosai.html
営業時間:10:00~18:00

言わずと知れた、魚の代表格・マグロ。清水港で水揚げされる遠洋まぐろの水揚げ量は国内全体の約50%を占め、日本一を誇ることから清水は「まぐろの町」とも呼ばれています。清水ではメバチマグロ(バチマグロとも言う)が主流で、メバチマグロは僅かな酸味があり、そこに脂の甘みが加わることで旨みが出ます。クロマグロ(本鮪)に比べるとややあっさりしている。

小さく美しい桜色をしたえびです。 世界でも希少な生物で、国内では、ここ静岡県の駿河湾でのみ水揚げされます。桜えびの漁期は年2回のみで、春漁は3月中旬~6月初旬、秋漁は10月下旬~12月下旬で、それ以外の時期は桜えび保護のために休漁となります。
一般的には、干しエビとして流通していますが、産地近くでは釜揚げやかき揚げ、生で食べられています。

鰹は日本人に古くから親しまれている魚の1つで世界中の暖海に広く分布しています。駿河湾では5月頃から出回る春の魚で、だんだんと脂が乗り美味しくなります。
秋には、三陸沖から南下してくる鰹を「戻り鰹」と呼び、春先の鰹より脂が乗っています。

カマスは本来、晩秋から年明けに駿河湾の沿岸を回遊するため、その時期によく獲れる魚ですが、初夏から夏にも小ぶりながらも市場に出回ります。
一般的には塩焼きや干物にして食されますが、新鮮なうちは刺身などで食べることができます。

駿河湾内で獲れるタチウオは、ほどよい脂があり、食べると結構あっさりしていて、上品な味をしています。
刺身や塩焼きが一般的ですが、天ぷらにして食べても美味しいです。

駿河湾で小回遊を繰り返し、少しずつ大きくなっていきます。
3月~10月頃までが旬です。
産卵期は春先が多く、もっとも美味しい時期は秋で脂がのって美味です。